トップページ >  子供用サプリの賢い選び方 >  スポーツをするお子さんに

子供用サプリを「スポーツをする子ども向け」でランキング!

サッカーを楽しむ子供 スポーツが得意だと運動会や体育祭、部活など活躍の場所が多いので応援のしがいがありますよね。逆に運動が苦手だと、子どもは体育の授業が苦痛で学校に行くのも憂鬱になってきます。

ここでは運動部の子の特徴と、スポーツマンに育てるポイント、親ができるスポーツをする子向けの子供サプリの選び方をまとめました。我が子が運動を楽しむために親ができることをチェックしましょう。


スポーツする子・運動部の子の特徴まとめ

まずは、スポーツをする子供の特徴をみてみましょう。運動のできる子供というとパワフルなイメージが強いですが、意外な特徴もあるので要チェックです。

親がスポーツをやっている

スポーツをする子供は、親がスポーツをしているという特徴があります。
親がやっている姿を小さいうちから見ているからこそ、自然とその親のようにやってみたいと思うんです。

親が柔道をやっていて、凛々しく柔道着を着ては格好良いポーズなどをしているのを見ている子供は、やっぱり自分もそんな柔道着をビシッと着ては技をキメてみたいと思いますね。

親が素敵なテニスウェアを着てはテニスラケットを振っていれば、自分もそんなテニスウェアを着てテニスコートに立ちたいなと思うでしょう。

そして、その親がテニスの指導をしてくれたり、試合をしてくれれば、そのスポーツの楽しさを自然と身に付けるのです。


憧れの選手がいる

スポーツをする子供というのは、小さいうちからテレビで色々なスポーツを観ていますね。
そして、いつかはこんな選手になりたいという憧れを持つのです。

サッカーを見ていれば自然と自分が好きな選手というものが現れます。
そして、その選手のように技を習いたい、そしてキメたいと思うんです。

憧れのスポーツはバスケでもいいですし、ラグビーでもいいわけです。
色々なスポーツの試合を観ることで、自分のやってみたいなと思うスポーツが自然と見つかります。

そして、そのスポーツを率先してやるのです。
自分から地域の子供会に参加してみたり、学校のチームに率先して参加する行動を見せるようにもなります。


元気でパワフルなところがある

スポーツをする子供はとっても元気です。
元気だからこそ、どんどんスポーツをしては、その溢れるエネルギーに磨きをかけるわけです。

どんどん自分で勇気を出し、やってみたいと思うことに率先して参加しますね。

それは普段の学校生活でも活かされるわけです。
自分から辛い勉強でも掃除でも進んでやるようになります。

そして、最後までやり遂げようと頑張りますね。
途中で投げ出さない子になるんです。

子供のうちからそういったことができるようになり、ますますパワフルな元気のある学校生活ができるようになるのです。


人を助ける精神がある

スポーツをする子供は人を助ける精神がありますね。

疲れてしまった子に手を差し伸べては立たせてあげたり、励ます言葉を言えたりします。

試合で負けてしまった時にも、落ち込んでいる子に対して励ましの言葉を言ってあげることもできるんです。

そんな子供は自分が落ち込んでしまっても、それを解決する能力があります。

人が心配をする前に、人に心配をかけないように解決してしまうのです。
ですから、そういった子供は酷く落ち込んでは暗くなることを避けることができるのです。


人に対して優しくできる

スポーツをする子供は人に対してとても優しい子が多いのも特徴的です。

言葉も丁寧で、嫌味なことを言っては追い込むということがあまりないですね。

また、優しい表情をしてあげることもできるんです。

スポーツは試合に負ければ辛い現実と向き合わなければなりませんね。
体力的にも辛いこともあるからこそ、人の痛みというものが分かるのです。

ですから、人に優しい言葉を言えて、そして、その悩みを聞いてあげては一緒にその悩みを分かち合うことができるのです。


掃除を丁寧に率先してやれる

スポーツをする子供の特徴は、掃除を実に丁寧にやりますね。

重いテーブルを自分で率先して運んだり、人のものも運んであげることができるんです。

また、人がやらないような窓の汚れを見つけることができ、それを磨いて綺麗にしてあげることができるんです。

床掃除も雑巾を使っては、丁寧に何度も拭き掃除ができます。
そして、その雑巾を綺麗に洗い、しっかりと絞っては日光の当たる場所に乾かすことができるのです。


自分で糸と針でボタンを付けられる

シャツのボタンが外れたら、自分で糸と針で縫い付けることができるのも、スポーツをしている子供の特徴でもあります。

親が忙しいのを理解し、その前に自分でそれをこなしてしまうのです。

運動会のゼッケンを運動着などに付けるのも自分で進んでできるのも、このスポーツをしている子供の特徴でもあります。

自分でやろうとしますから、親も子育てがしやすいところがあります。


子供をスポーツマンに育てるために知っておきたい6つのポイント

少年野球チームでスポーツする子供

0才~3才までが最初のポイント

運動能力にもクリティカルエイジがあります
それは、0歳~3歳です
この年齢で運動能力の基礎を作る期間です
この年齢の時に、公園で遊ばせたり、色々な身体を使うおもちゃで遊ばせる事で運動神経が刺激されます
0歳~3歳の期間で運動能力を高めると、その後も新しいスポーツを始めても運動神経が鍛えられているのでスムーズにそのスポーツの対応できます

引用元:子供の運動能力を高めてスポーツ選手にしたいこと

「スポーツをする子供に育てよう」と決めたなら、なるべく早くから行動を起こしましょう。

子供の運動能力の基礎が作られるのは0才~3才までの期間ですから、まずはこの期間にしっかりと運動をさせておくことが重要です。

基礎ができていれば、年齢が上がってちゃんとしたスポーツを始めた時に、より早く順応できるようになります。

逆に言えば、この時点では基礎を作っておけば十分ですから、本格的なルールのあるスポーツをさせる必要はありません。

子供が野球やゴルフなどに興味を持ち、自分からやりたがっているなら別ですが、最初は単純なかけっこや、ただボールを蹴るだけのサッカーめいた遊びといったものでかまいません。


12才ぐらいまでは多くの運動を経験させる

いくら身体が大きく、筋力が強くても、それだけでスポーツはできません。

脳からの指令によって、鍛えられた身体が素早く適切に動くことでスポーツはうまくできるのです。

この、脳と身体の結びつきをしっかりと作れるのは12才ぐらいまでの期間です。

ここで運動をおろそかにしていると、脳から身体への指令の伝わり方が鈍くなってしまいます。

また、いくら運動をさせていたとしても、一つのスポーツで動かす身体の方向や力の入れ方などはある程度決まっていますから、それ以外の動きへの対応は鍛えられないままです。

ですから、より効率良く子供の全身と脳の結びつきを鍛えたいなら、この期間にはできるだけ多くの種類の運動を経験させると良いでしょう。



がんばる子供を食事で支える

スポーツをする子供になってもらうためには、子供をがんばらせるだけではいけません。
親も努力をする必要があります。

その一つである子供の健康管理、つまり十分に眠らせたり、適度に休ませることと並んで重要なのが食事です。

子供はスポーツに夢中になると、限界まで体力を消耗する傾向があります。
あまりにも疲れすぎて、食事を食べられずに眠ることを繰り返せば、肉体的にも精神的にも消耗していくばかりです。

それを避けるためには、消化吸収の良いバナナやなどを用意して、寝坊した朝や疲れて帰ってきた夜でも栄養補給ができるようにしておくと良いでしょう。

もちろん、身体を成長させてくれるタンパク質や、エネルギーを与えてくれる炭水化物、そしてそれ以外のビタミンやミネラル、食物繊維などもバランス良く摂取できるようなおいしい食事を作ってあげることも重要です。


必要なタイミングで栄養を補給できるようにする

日々の食事で基礎を作ることも大切ですが、食事時よりも運動をする前後に摂ったほうがいい成分もあります。分かりやすいのは水だと思いますが、水分は運動中もこまめに補給することが推奨されています。

今、スポーツをする人たちから注目を集めているのはBCAAという成分です。BCAAとはアミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンを総称したもので、筋肉をつくる役割を担っています。

そして、筋肉を作るBCAAは運動によって激しく消耗します。BCAAを補給すると、この消耗が軽減されるため、運動による疲労も軽くなったり、より筋肉がつきやすくなる効果が期待できます。

BCAAは肉や魚に含まれている成分ですが、ただ食事で肉や魚を増やすだけではBCAAの効果は発揮されません。なぜなら、BCAAは運動して時間が経過してから摂るよりも、運動直後に摂取したほうが効果が高いという研究結果が出ているからです。

運動直後もしくは運動2時間後にたんぱく質食品を摂取した研究によると、運動直後のたんぱく質摂取は運動2時間後の摂取よりも筋たんぱく質合成率をより上昇させ、実際の筋力と筋肉量の増加が促進されることが報告されています。つまり、トレーニング開始時に近いタイミングで摂取するほど、好ましいと思われます。

BACCを摂るべきタイミングはスポーツの直後ですが、手軽に持ち運びができる水やタブレットが数多く出回っていますが、子供の場合はタブレットタイプがオススメです。

BCAAはアミノ酸なので摂り過ぎによる副作用やデメリットは考えにくいですが、最近になって活用され始めた成分なので過剰すぎる摂取は控えたいと考える方もいると思います。

水の場合、運動量によっては過剰に摂取してしまうことも有りえますが、タブレットタイプなら決められた量だけを運動直後に補給しやすいでしょう。


親による精神的なサポートも重要

料理が苦手、または仕事のせいで料理に時間をかけるのが難しい、という場合でも、親ができることはあります。

それは、スポーツをする中で迷い、苦しむ子供を精神的に支えてあげることです。

子供がスポーツを通して成長する姿をそばで見守り、時には人生経験を活かしてアドバイスすることもできる親という存在は、とても重要です。

ただし、ここで気をつけたいのは「子供のためにはこうした方が良いだろう」と、自分なりの信念や方法論を押しつけてしまうことです。

親はどうしても勝利という目に見える結果を求めがちですが、親が子供を思い通りにコントロールして出した結果よりも、子供が自分自身で得た結果の方がずっと大切です。

「命令」ではなく「サポート」という意識を忘れないようにしてください。


子供にスポーツを好きになってもらおう


親が自分の考えにこだわり、強引に子供にスポーツをやらせたとしても、子供自身がそのスポーツを嫌いでやる気が無ければ意味がありません。

もちろん、その場合でも、親が常に付き添って無理矢理スポーツをさせることはできますし、それなりに運動能力が上がるのは事実ですが、その結果「スポーツは苦しくて嫌なもの」というスポーツ嫌いの子供に育ってしまう可能性が高くなります。

たとえ子供時代にちょっとした評価を得られたとしても、将来のことを考えれば、結果的にはマイナスです。

そうならないためには、ただ「このスポーツをやれ」と言うのではなく、幼い頃から一緒にボールで遊ぶなどして、子供の好奇心を刺激し、自分からスポーツに興味を持つような育て方をすべきです。

子供が本当にそのスポーツを好きになれば、何も言わなくても自分から努力し、練習を繰り返して上達していくでしょう。


スポーツを楽しむ親子を助けるサプリの選び方

スポーツ スポーツをするお子さんには、丈夫な体づくりが第一です。元気に汗を流してほしいのはもちろん、育ち盛りに怪我をしてしまっては大変です。

しかし、子どもをスポーツに親しませるには、本人やコーチだけに任せず、親がしっかりサポートしていく努力も必要だとわかってきました。

スポーツをするお子さんには、丈夫な体づくりが第一です。元気に汗を流してほしいのはもちろん、育ち盛りに怪我をしてしまっては大変です。ですが、素人が完璧に行き届いたケアをするのはなかなか難しいもの。

精神的なサポートに関しては、親にしかわかってあげられない面もありますが、栄養バランスのサポートは、力を借りることができます。

毎日完璧な食事を作ってあげるのは難しい......という方のために、スポーツをする子どものための栄養バランスを整えてくれる子ども用サプリメントがいくつか販売されています。

現在は子ども用サプリもたくさん種類があるため迷ってしまいますが、「丈夫な体づくり」という点に絞ると、選び方が見えてきます。
先に挙げたように、成長期のお子さんが強い筋肉や骨をつくるためには、たんぱく質が重要です。

たんぱく質は、さまざまな種類のアミノ酸が結合してできています。

その中には、「必須アミノ酸」と呼ばれるBCAAがあります。
BCAAは体内で合成できないため、外部からの摂取が不可欠。食事とサプリメントを上手に使って補給しましょう。

また、BCAAは疲労回復にも効果があります。筋肉痛や疲労感が抑制されるので、運動中にこまめに摂取するのがおすすめです。

スポーツをする子どもには、アミノ酸にこだわったサプリを選ぶ!

丈夫な体をつくるためには、たんぱく質と、それを構成する良質なアミノ酸が必要です。必須アミノ酸BCAAには疲労回復効果もあり、スポーツをするお子さんにはとても重要な成分です。アミノ酸にこだわったサプリメントを選びましょう。



子ども用サプリを「スポーツをよくする子どもに向いている順」でランキング!

すぽーつ麦茶 評価:5 スポーツを楽しむ子どものために、栄養士とスポーツトレーナーが共同開発した特別な麦茶です。スポーツ前後の水分補給と同時に、必須アミノ酸をはじめとした豊富な栄養分によって健康な体づくりを助けます。

BCAAはもちろん、アミノ酸にこだわって作られています。お子さんでも味が受け入れやすく、水分補給兼栄養補充として活用することができます。天然素材なので、育ち盛りのお子さんにも安心です。

公式サイトをチェック

せのびと~る 評価:5 筋肉を作ってくれるアミノ酸のBACCとアルギニン、骨を丈夫にするカルシウムの入った運動特化のタブレットです。タブレット型なので手軽に、こまめに補給できるのがポイントです。
アルギニンと、体内で作れないBCAA、丈夫な骨を作るカルシウムが入っています。骨と筋肉を丈夫にすることで、運動に必要な体作りをしてくれます。

7種類の味から選ぶことができるため、飽きずに続けることができるでしょう。

公式サイトをチェック

ひとてまい 評価:3 お釜に入れてごはんと一緒に炊くタイプの粉末サプリです。お米にはアミノ酸が豊富で、体づくりに重要な主食です。

ひとてまいはお米の栄養素を補強してくれます。元気で丈夫な体をつくるビタミンB6や、疲労回復を促すビタミンB1も含まれているので、スポーツをする子にもおすすめです。毎日食べるお米に混ぜるものなので、気軽に続けることができます。

公式サイトをチェック
スポーツをよくする子ども向けのサプリメントはコレ!

「すぽーつ麦茶」は、管理栄養士とスポーツトレーナーが開発した水分補給飲料です。スポーツをする子どものために、良質なアミノ酸を配合しています。

ノンカフェイン・ノンシュガー、天然素材使用で成長期のお子さまにも安心。
運動中の汗で失われる水分をすばやく補給すると同時に、健康的な体づくりへの栄養も摂取することができる、一石二鳥のサプリメントです。



まとめ

いかがでしたか?

スポーツをする子や、運動部系のクラブに入っている子には、一生続けるにしろそうでないにしろ、将来素敵な人に育つような特徴があらわれてきます。

これを機にお子さんにスポーツをさせたいと考えるなら、早めに行動するのが吉ですね。

そして、ただ子どもに期待をかけるだけではなく、親も一緒に楽しみ、サポートする姿勢が大切でした。

子供の将来のためにも、親子の思い出づくりやコミュニケーションとしても、ぜひ親子でスポーツを楽しんでみてくださいね。

子ども向けサプリを賢く選ぶ!





アスミールを体験!

人気のアスミールを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ
ひとてまいを体験!

人気のひとてまいを徹底検証!実食レポートを紹介します。

レポートはコチラ