トップページ >  子供用サプリの賢い選び方 >  偏食をするお子さんに

子供用サプリを「偏食する子ども向け」でランキング!

好き嫌いをする子供 子どもの偏食、気になるけどなかなか治りませんよね。特に小さなお子さんの野菜嫌いに悩むお母さんは多いと思います。摂取する栄養素もバランスが悪いと、幼児期からすでに不足してしまうこともあります。

野菜に多く含まれるビタミンは、体調を整えるためのとても大事な栄養素です。そして食物繊維は、お腹の調子を整えるほか、食べすぎを防ぐ効果もあります。

これらの栄養素が不足すると、体調や発育はもちろん、集中力や精神面にも悪影響が起こってしまいます。野菜不足は、成長の大敵です。

とは言え、どうにか野菜を食べさせようと四苦八苦しても、なかなかうまくいかないもの。今回は子どもが偏食する原因と偏食を改善するための対策をまとめてみました!


子供が偏食する原因

なぜ子どもは食べてくれないんでしょう?それには色々な原因が考えられます。一人一人の子どもによって原因は様々ですので、これだと一概に言うことはできません。

なぜ子どもが偏食してしまうのか、原因は色々ありますので、順を追って書いてみたいと思います。もし、お子さんが偏食で悩んでいる・・というお母さんは、ぜひご参考になさってみて下さいね!


初めて食べた時の印象が残っているから

苦い野菜 偏食は精神の発達が目覚ましく、好き、または嫌いの感情がはっきりとしてくる幼児期から強く表れます。この時点で何とか改善できればよいのですが、好き嫌いは自己主張の表れでもありますので治すのは難しいですね。

まず最初の原因は、初めて食べた時美味しくないと感じて、ずっと食べないというケースです。
特に野菜については初めて食べたときのあまりの苦さから警戒心を抱いてしまい、食わず嫌いになってしまうことも。

さらに、食感についても好き嫌いの原因となりますので、食材が同じであっても、調理方法によっては食べないことだってあります。
このようなケースは多いですよね。


その時たまたま機嫌が悪かった

普段は食べられるものでも、子どものきげんが悪かったり、眠かったりして食べてくれないこともあります。

大人も仕事帰りや家事に疲れてご飯を食べず寝てしまうことがありますが、疲れて帰ってきた日は眠くてご飯を食べる気力が起きないということもあります。

また、朝寝坊して機嫌が悪いときだと、朝ごはんを食べる時間が惜しくて食事を残したまま学校へ行ってしまうこともあるでしょう。ある日食べてくれなかった食べ物を、別の日に出したらケロッと食べてくれることもあるかもしれません。

ただし、この場合は同じような事が起こった日にまた食べてくれなくなるため、生活習慣を改善するようにしていく必要が出てくるでしょう。

盛り付けの工夫はその場しのぎになることも?

子どもが食べてくれるようにと、アンパンマンの形にしたとか、ニンジンをすって分からないようにしたなどという話をよく耳にしますが、それで食べたとしても安心はできません。

その理由は、キャラクターの形をしたり、細かく刻んでしまって食材を分からなくしてしまっては、好き嫌いを克服したとは言えないからです。その時は食べれれたとしても、また同じようなことが起きる可能性があります。


アレルギーで食べると苦しくなってしまう

アレルギーの場合は子ども自身が受け入れられないため、無理やり食べさせてはいけません。食品アレルギーを起こす食品の中でも特に卵、乳、小麦、そば、落花生、かに、えびの7つは、食品表示基準で特定原材料に指定されています。

アレルギーで苦しくなった記憶があると、アレルギーの食品と似た見た目の食べ物なども「食べるとまた苦しい思いをするのではないか」と警戒してしまいます。
もし、子どもに異常を感じたら、すぐに検査を受けることをオススメします。


子供が偏食しない対策

家族で食べる食事 子供の偏食は初めて食べたときに不味かった記憶を引きずっていることが多いことが分かりました。では、どうすれば不味いイメージを払拭して、好き嫌いなく食べてくれるようになるのでしょうか?

次からは、子供の偏食を改善するための方法を見ていきましょう。


食べられないものと嫌いなものを見極める

アレルギーで食べられないものがある場合、早期に診てもらい適切な対応を知ることが大切です。アレルギーで食べられなかった記憶を引きずってしまうと、ただの嫌いなものでも体に害が出るのではないかと警戒してしまうこともあります。

また、子どもの好き嫌いを克服する方法を書く前に、最初に知っておきたいのは、子どもの味覚の鋭さです。

かつて自分自身がそうだったように、苦みや酸味、辛味などといった刺激の強い味は強烈なので、そういったものを無理やり食べさせることはないでしょう。

子どもはニンニクやオリーブ、ゴーヤやピーマン、なすなどといった刺激の多いものが嫌いですが、無理に食べさせる必要はありません。

味覚の中でも、苦みや酸味や辛味などというのは、大きくなってからも美味しいと思うことが多いからです。

例えば、ピーマンやコーヒー、ビールなどは大人になると好きになる人が多いです。苦みが毒であると感じるのは子供の頃の本能的なものだからです。

ですが、大人は経験を色々積んでいますので、苦いものがそのまま毒だとは判断しないのです。
知識のおかげで、これは苦みがあるが毒ではないので食べられるなどの判断がつくのです。

まずは刺激度と年齢を勘案し、食材選びをすることから始めたいですね。


保育園や給食で別の味付けを知る

ご飯や麺類、パンなどといった炭水化物、豆腐などは好きなのに、肉や魚、野菜などは嫌い・・などといったお子さんは多いです。

たとえ味覚に変化がなくとも、保育園や給食などで、家とは違う環境で食べれば好き嫌いをしなくなる可能性もあります。
家以外の場所では料理の味付けも変わるため、外で食べた味付けを気に入って好き嫌いがなくなるかもしれないからです。

給食で野菜が食べられるようになったら、どのようなドレッシングが好きか聞いてみるのもいいでしょう。子どもにとって無理のない食材選びや、調理法を選ぶこと、いつも楽しい食事の雰囲気づくりも重要となります。


家族みんなでおいしそうに食べ、苦手なものを食べられたら褒めてあげる

子どもが嫌いなものをまずは親が先に食べ、大げさでいいのでおいしいと言うようにするようにしましょう。たとえおいしくなかった記憶がある食べ物でも、他の人が美味しそうに食べていれば気になるものです。

そして、子供が苦手なものを食べたときには褒めてあげましょう。「食べたら周りが喜んでくれた」という経験があると、次からも苦手な食べ物を食べてくれるようになります。

お母さんやお父さんに苦手な食べ物がある場合は、一緒に好き嫌いを改善していくという方法もあります。「お母さんやお父さんよりも早く好き嫌いを克服してやる!」と競争意識を持つことで、自発的に苦手な食べ物にチャレンジしてくれることもあります。


偏食しにくい「米」に一工夫を加える

お米に工夫 子供の偏食は野菜や肉・魚が挙げられますが、米が苦手というお子さんは少ないと思います。そのため、「米」自体の栄養価を上げて栄養不足を補うという手もあります。

栄養のある米というと玄米が有名ですが、最近は栄養不足を補うための「サプリ米(強化米)」なども出てきており、栄養価の高い米が増えてきています。

ただし、玄米などはお米の味や色、食感も大きく変わってしまうため、ご飯まで食べてくれなくなって逆効果になってしまう可能性もあります。試すならご飯と一緒に炊くことでお米に栄養を付加してくれるタイプのものがオススメです。

また、栄養価のあるお米は妊婦さん向けの葉酸や鉄分重視のものや、離乳食に挑戦する赤ちゃん向けの栄養でなく食べやすさに工夫をしたタイプのものもあるため、どのような栄養素が補えるかも確認しましょう。

子供の偏食の場合は野菜不足になることが多いためビタミンや食物繊維を補えるものが向いています。


どうしても食べられないものは、同じ栄養素を他の食品で補う

偏食の問題点は、栄養素が偏ることです。ですから、どうしても苦手なものは別の食品でその栄養素を補うという手もあります。

たとえば、野菜不足なら野菜ジュースやフルーツでビタミンを補ったり、肉不足なら魚でたんぱく質を補うことができます。

以下、置き換えの一例をご紹介します。
ビタミン 該当する野菜 置き換え
ビタミンA にんじん、ほうれん草 みかん
ビタミンB2 レバー、ブロッコリー まぐろ
ビタミンC レモン、グレープフルーツ いちご
ビタミンD かぼちゃ 日光に当たることで生成
ビタミンE 落花生、マヨネーズ 亜麻仁油
食物繊維 野菜全般 さつまいも

ただし、同じ栄養素が入っていても摂取できる成分の量は異なるため、置き換えには限界があります。足りない場合はサプリメントを利用するのも1つの方法です。特にビタミンや食物繊維、カルシウムを補うタイプのサプリメントは、子供向けのものも多く作られています。


栄養を補うためのサプリの選び方

特に苦味などは、初めて食べたときの印象が強く残り食べにくくなってしまうことがあることが分かりました。また、欧米化した食生活の浸透により、普通に食事をしていてもビタミンや食物繊維が不足してしまうこともあります。

そのようなときに活用したいのが子供用サプリメントです。努力のかたわら、ビタミンや食物繊維をサプリメントで補給しておきましょう。

ただし、やみくもに与えるのはNGです。十分足りている成分を摂取しても過剰摂取で逆効果になることもあります。

なぜなら、体が小さな子供は大人よりもサプリメントの影響を受けやすいからです。まずは普段の食生活で不足している栄養素を見つけ出すことから始めましょう。

子供にサプリメントを与える場合は、必ず「子供用」と記載されているものを選び、製造元や原材料、成分などをきちんと確認することが大切です。

また、子どもの場合おとな用のカプセルだとうまく飲み込めなかったり、粉末タイプだと苦く感じてしまって続かないこともあります。

サプリを選ぶ上で大事なのは取り入れやすさです。習慣的に使うものなので、できるだけ抵抗感の少ないものが好ましいですね。
偏食をするお子さんには、ビタミンと食物繊維が摂れるサプリを選ぶ!

子どもに嫌われがちな野菜には、豊富なビタミンと食物繊維が含まれています。体調管理はもちろん、発育にも大切な栄養素です。野菜不足を補うために、ビタミンと食物繊維がきちんと入っているサプリメントを選びましょう。


子ども用サプリを「偏食をする子どもに向いている順」でランキング!

ひとてまい 評価:5 毎日食べるお米に混ぜることで、お子さんだけではなく、家族の野菜不足の改善も期待できます。白米が嫌いな子はほとんどいないので、これなら簡単に取り入れられそうですね!

ほうれん草130株分のビタミンE、グリーンピース1024g分のビタミンB1、レタス1個分の食物繊維など豊富な栄養素が配合されています。各種ビタミンとカルシウムも豊富に含まれているので、偏食補助におすすめです。

公式サイトをチェック

アスミール 評価:5 めざしやにんじん、ほうれんそうなど、11種類のビタミンが含まれているため野菜嫌いの子に向いています。

牛乳に少しまぜるとココア風味で飲みやすく、カルシウムもとることができます。マグネシウムも入っているため、カルシウムの吸収を助けてくれます。

公式サイトをチェック

のびのびスムージー 評価:3 栄養価の高いスピルナ、大麦若葉、クマザサなどの植物などが含まれており、主に7種類のビタミンを摂ることができます。

のびのびスムージー
偏食をする子ども向けのサプリメントはコレ!

「ひとてまい」は、充分なビタミンと食物繊維を含んだサプリメントです。スプーン1杯で、めざし約78匹分のビタミンB6、ほうれんそう約130株分のビタミンE、レタス約1個分の食物繊維が摂取できます。

他にも、ビタミンB1やコラーゲン、ヒアルロン酸などの成分が配合されています。カルシウムも入っているので、牛乳アレルギーのお子さんにもおすすめです。

白米はもちろん、おやつやハンバーグなどにも混ぜられるので、好き嫌いが激しいお子さんでも、何らかの形で摂取することができます。



子どもの偏食の原因と対策まとめ

親からすると子どもの偏食はついつい気になってしまいますが、無理やり治そうとすると親も子どももストレスを感じてつらいだけです。

偏食改善の第一歩は食事を楽しむこと!あんまり深刻に考える必要はありません。

足りない栄養素はサプリで補いつつ、気長に子どもと向き合っていきましょう!

子ども向けサプリを賢く選ぶ!





アスミールを体験!

人気のアスミールを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ
ひとてまいを体験!

人気のひとてまいを徹底検証!実食レポートを紹介します。

レポートはコチラ