トップページ >  子供と栄養・食事の知識 >  頭の回転が早い子の特徴

頭の回転が早い子の特徴と早い子にする方法まとめ

世の中には頭の回転が速い子とそうでない子がいますが、違いはいったいなんでしょうか。 今回は頭の回転が速い子の特徴と、頭の回転が速い子に育てる方法をまとめました

こちらは、アメリカの「ギフテッド教育(才能を持つ子の教育)」で、 「幼児期の子供がギフテッドかどうか」を簡単にチェックするにために使われているテスト項目を 参考にしています。

また、あくまで、「頭の回転が早い子」であって、 「勉強ができる頭のいい子」という意味ではないので注意してください。

頭の回転が早い子の特徴


1番先になんでもやってしまう

頭の回転が早い子というのは、行動がとても早いというところがあります。人がボウッとしている時でも、サッと先に動くことができるのです。人よりも先にやってしまおうという積極性があり、パッパと動いてしまうのです。

ですから、最後に残ることを嫌うという特徴がありますね。人よりも1番最後にやるなんてことは考えず、人よりも率先して先にやり遂げてしまおうというところがあるのです。

目がイキイキとしている

頭の回転が早い子というのは、目つきが違いますね。目が常に前を向いているのです。 目を伏せては下を向いてばかりいるというのではなく、常に真正面を向き、先生の言うことを聞こうとします。 先生と目を合わせることも恐れず、自分がいつ当てられてもいいように、その問題の答えについて考えているわけです。

ですから、目がいつも輝いているわけです。イキイキとした目をしているから、表情も違いますね。 実に輝いていて、明るいんです。その顔は前を見据え、将来まで見据えているかのようです。 パッと光に輝くオーラのようなものが顔から出ている特徴がありますね。

好奇心が強く、共感しやすい

好奇心が強く、共感を示しやすいのも特徴です。 幅広く物事を好み、やっていないことは、好き嫌いを示す前に、どんどん行動してやってしまいます。

どんどんやったことないことを、進んでやってしまうので、好奇心の強い子の幼児期の子育ては、苦労する親がとても多いです。 2歳~5歳くらいの幼児期は、経験や知識がないので、危険なことにまでついつい手を出してしまったり、 けがをすることが多いので、言い聞かせや見守りが普通の子より多くなります。

将来大成した人には、幼児期は問題児だったという子が多いという俗説がありますが、 その原因は、「好奇心が強く、行動に見境がない」ということが言われています。

こういった子は、幼児期が大変でも、小学校や中学校、やがて大人になるにつれて どんどん成功する確率が上がってきます。

好奇心の強さは、「生きる力そのもの」です。 将来に期待して、どんどんサポートしてあげましょう。

パワーがあるから、人に尊敬されて愛される

 友達の輪
頭の回転が早い子の特徴では、輪の中に入ることができます。何か体の中から出るこのオーラというものがあり、それがその子のパワーとなるわけです。輪の中に恐れずに入り、そこでそのパワーを発揮します。そして、人から尊敬され、愛される子供になることができるのです。

ですから、その頭の回転の早い子の周りには、常に人が多く集まります。 集まるからこそ、更にそのパワーも増すわけです。人のプラスな面を自分のプラスな面にしてしまうことができるのも、そんな子の特徴ですね。


年上と遊ぶの好き

頭の回転が速い子は、2歳から5歳ぐらいの幼児期は、特に年上と遊ぶのが大好きです。

幼児期の場合、同年齢を比較すると発達に非常に差があるため、 頭の回転が速い子に合う行動をするのは、自然と自分より年齢が高い子になってしまうからです。

もっとも、環境に差があるため、わかりにくい特徴ではありますが、 行った行動からも、特徴が現れます。

観察力がある

道端に落ちている小さなゴミを見つけたり、花壇の小さな花や草、虫を見つけるのが得意です。

大人から見ると、よくこんなことに気づいたなあ、と思えたりします。

好きなことや興味に関しての集中力と、近い相関があるともいえます。

他にも違いを見つけたり、時間でかわる変化を見つけたり、観察力を発揮する場面は様々です。

本や読書が好き

好奇心の強さと、相関した関係がありますが、本や読書が好きなども頭の回転が速い子の特徴です。

頭の回転が速い子と言うと、生まれつき頭が良いというイメージがありますが、 本や読書を好きにするのは、「親の読み聞かせ」次第です。

つまり、頭の回転が速い子は、幼児期の環境要因に次第で、ほとんどが作られるです。 本や読書が好きな子は、親が一日に何冊か本を読んであげている場合が多いです。

結果的に、好奇心が膨らんだり、本屋読書が好きになり、頭の回転も良くなった、 ということが、心理学でも統計的にも知られています。

また、頭の回転が速い子は、こういった経緯から、口が達者でよくしゃべる子も、多いようです。

数字・算数・パズルが好き

1歳や2歳で、20ピース以上のパズルを完成させたり、1~20ぐらいまでの数字の概念を 扱うことができるなら、頭の回転の速い子です。

数字や図形や概念の頭の回転の速さは、いわゆるIQと言われる知能テストでも、 大部分の範囲をしめます。

小学生にあがって、頭の回転が速い子は、算数が好きで、しかも得意であることが多いです。

クリエイティブで、ユーモアもある

発想が豊かで想像力があるのも、特徴です。 想像力は、絵を書くときや、言葉遊びする時に、よく発見することができます。

幼児期の場合は、 言葉なら、言葉を似たような言葉でずらして言ってみたり、新しい言葉を作ってみたりします。

1つの絵を書くときにも、オリジナルのストーリーを作って、自由に思ったことを書いたりします。

子供の制作物や、会話の中で、大人が面白いなと感じることは、クリエイティブであったり、 ユーモアであったりするものが多いです。

モラルや正義に敏感

「やってはいけないこと」に敏感なのも特徴です。

幼児期の場合、モラルに敏感だとしても、手がかからない子というわけではありません。

頭ではやってはいけないということをしっかり理解しているので、 ついつい友達がやっていることにも口を出してしまうのも特徴です。

幼稚園・保育園などで、頭の回転が速い子が、喧嘩が多くなってしまうのも、 こういったきっかけが多いのも一因です。

また男の子の場合は、ウルトラマンや仮面ライダーや何とかレンジャーのように、 悪を倒すヒーローなりたがる一面もあります。

自分でその知識を得て無駄にしない

頭の回転の早い子の特徴では、できないことを考え、分からないことを自分で調べては、解決するという能力がありますね。 分からないからそのままにするのではなく、それを図鑑やネット、教科書、バイブルなどで調べるわけです。 解決をしたとしても、それをまた追求するところもあります。

結果的に論理的に考えられるので、「物事を早く学ぶ」という特徴があります。

また、せっかく得た知識というものを無駄にせず、いつまでも記憶しておく能力がありますね。

問題に悩む子に丁寧に教えることができる

困っている子を見ると放っておけないというのが頭の回転の早い子の特徴ですね。 問題の解き方が分からない子がいれば、自分からその答えを解く方法を教えてあげることができるのです。実に丁寧に、まるで先生のように教えてあげることができるんです。

その子は宿題はパッパと早めにやってしまうという特徴もあります。 親から言われなくてもサッサとやり終えてしまうわけです。そして、宿題がまだ分からずに解決できない子がいれば、一緒になってその問題を考えてあげれるところもあるんです。

そういった子の特徴としては、図工などもサクサクっと作ってしまうというところもあります。 実に絵も魅力的に描くことができたりしますね。折り紙も頭の良い子は実に丁寧に鶴などを折ってしまうところもあるんです。

部屋の整理・整頓が丁寧にできる



こちらの特徴は、ギフティットのチェック項目には載っていません。幼児期の場合、頭の回転が良い子でも 部屋の整理・整頓ができる子とできない子に分かれます。

部屋の整理・整頓については、少年期にできるかできないかで、学業のレベルに差がつくといわれています。

頭の良い子というのは、自分のことを自分でできますね。洗濯物があれば自分で手洗いをしては丁寧に汚れを綺麗に取り除くことができたりします。そして、シワができないように丁寧にハンガーなどにかけては干し、それをアイロンまでかけることもできるんです。そして、丁寧にその服を折りたたむこともできるわけです。

そういった子の部屋は実に整理・整頓されています。学習机の上も綺麗にしており、 いつでも勉強ができるようにしているわけです。また、部屋の床を掃除機をこまめにかけたり、窓を綺麗に拭くなんてことも自分でできますね。

クローゼットには実に綺麗に服をハンガーに掛けては、ポールに掛けることもできたりします。 身の回りを綺麗にできる子というのは、勉強をしたい環境を作ることができるんです。


頭の回転が早い子にする方法まとめ


読書と要約で理解力を上げる


 本と頭の回転
子供が成長してきたら、早めに与えたいのは本です。
もちろん、ただ与えるだけではいけません。
親が子供に読み聞かせたり、逆に子供を褒めながら読んでもらうなどして、子供が自分から楽しんで読む「読書習慣」を与えてあげましょう。

その次に、読んだ内容を要約することに挑戦させます。
的確な要約を行うためには、漫然と読むだけではダメです。
真剣に内容を読み込んで理解し、重要なポイントとそうでない部分を見分け、そしてそれを一つの形にまとめ上げることで、子供の脳はぐんぐん鍛えられます。

子供が要約に慣れてきたら、今度は要約に感想や意見などを交えて、書評という形にまとめさせても良いでしょう。

子供の脳を鍛える「ごっこ遊び」

意外なようですが、子供が幼い頃に重要なのは「ごっこ遊び」です。
親からすると、「ごっこ遊びなんてくだらない」「もっと頭が良くなりそうな遊びをしてほしい」と思いがちですが、ごっこ遊びをするためには、対象をよく観察して記憶し、それを自分なりに再現する、という高度な作業が必要になります。

たとえば、ウサギのマネをしようとする時、子供は最初、ただジャンプするだけかもしれません。
しかし、やがて人間には長い耳が無いことに気づき、手や他の何かでそれを再現することを思いつきます。自分で思いつけなくても、大人や友だちがやっているのを見て、それが「うさぎの耳を意味している」ことを理解することができるようになります。

幼い頃には、この「イメージする力」を十分に育ててあげることが重要です。

脳の成長を妨げる食べ物を取りすぎない

人間の脳は、栄養が無ければうまく動いてくれません。
ですから、頭の回転を良くするために、子供にたくさん脳を使わせようと考えているなら、脳に栄養を与えてくれるもの、 つまり普段の食事についても注意を払う必要があります。

脳の成長を妨げる「トランス脂肪酸」を含む食品、特にポテトチップスなどのお菓子は、子供にはかわいそうですが、 脳のことを考えればすこし控えさせた方が良いでしょう。

また、「砂糖」のとりすぎにも注意が必要です。 糖分は、頭の活動には不可欠ですが、最近は、幼児期の糖分過剰、つまり砂糖依存症が増えています。

コカインのような覚せい剤や麻薬のように依存性をもつ物質は、脳のドーパミン神経系を刺激しますが、 砂糖もこれを同一の神経系を刺激するので、砂糖の取り過ぎは、薬物依存症と同じ副作用があります。 当然、脳にいいわけはありません。

脳をつくる食べ物や栄養素を十分にとる

カルシウムやビタミン、タンパク質などが、バランス良く摂取できるような食事を作るのは当然として、なるべく食べさせたい物は、やはり魚です。
子供の好き嫌いはあると思いますが、「DHA」が豊富な魚を、小さなうちからたくさん食べさせてあげましょう。

ホンマでっかTVで知られている心理学の澤口教授の研究では、 「高いIQには、魚の摂取量の多さが、関係している」と結論づけています。

日本人がIQが高いとされるのも、魚の摂取量が多いからだといわれています。
魚には頭を良くするDHAやEPAが豊富ですし、頭や体を育てる良タンパク質も豊富です。

もちろん、野菜などに含まれる多くのビタミンやミネラルをとらなければ、吸収率が下がることで、 タンパク質やDHAもしっかり吸収されないので、こういった食材を中心にバランスの良い栄養素をしっかり育てることが、 頭の回転の速いのを作る必須条件です。

「6歳までには脳の90%が完成される」と言われているので、少なくともそこまでは きっちりとした栄養しっかり与えることが大事です。

難しいのは、幼児期は食べ物の好き嫌いが多い時期なので、偏食になりがちです。
こういった場合は、子供用の栄養補助食品で、脳に必要な栄養をサポートしてあげるのが良いです。

栄養摂取の観点では、脳が出来上がってしまう6歳までが勝負どころです。

親の愛情が無くてはいけない

 家族の理解
子供に対して、機械的にごっこ遊びや読書を強制し、お菓子も一切禁止、というやり方は、おそらく良い結果を生みません。
なぜなら、そこからは親の愛が感じられないためです。

子供の脳の発達にとって、「親に愛されていない」というストレスは大きな害となります。
いつも気持ちが不安定では、何をしても集中することはできないでしょう。

ですから、まず子供が「愛されている」という確信を持ち、余計な不安を抱えず、余裕を持っていろいろなことに取り組めるような環境を整えることが重要です。
また、親が日頃から子供の話に耳を傾けることで、子供もまた他人の話をよく聞き、話すことができるようになります。

つまり、頭の回転を活かすためのコミュニケーション能力を発達させる、という点でも、子供との時間を作り、愛情を注ぐことは重要なのです。

脳科学的な観点からのポイント

頭の回転の早い子供を育てるポイントとして、脳科学者は次のようなことを挙げています。
まずは、ワーキングメモリー(短期記憶)を鍛えること。

生まれたばかりの頃は1秒程度しかワーキングメモリーを維持できませんが、成長するにつれてこの時間は増えていきます。
この時間をさらに長くするためには、「これが終わったら公園に行こうか」というように、すこし先の何かを覚えさせる簡単なトレーニングが効果的です。

次に、子供を褒めること。

いきなり褒めるというのは難しいので、「ごく簡単な何かをやらせて、それを褒める」ということを繰り返すのがコツです。

そして、何かをさせない(我慢させる)こと。
「必要な時に騒がずにいる」といった、何かを「しなかった(我慢できた)」こともどんどん褒めてあげましょう。

褒められることで、脳内でドーパミンが分泌されると、次第に何も言わなくてもそうするようになります。この繰り返しが、子供の脳を発達させていくのです。



脳の成長にいい子供用の栄養補助食品の選び方


脳が一日に消費するエネルギー量は体全体のうち約20~30%を占めており、十分な栄養がなければ脳の回転は鈍ってしまいます。成長期で栄養が不足しがちなお子さんの集中力が続くように、きっちりサポートしていきたいですね。

学習効率を上げる上で重要な栄養素は、各種ビタミンDHAです。以下では学習効率をあげる上で特にオススメしたいサプリを栄養面で厳選して紹介します。よかったら参考にしてくださいね。

「栄養素」で選ぶおすすめサプリはこれ!


アスミール アスミールには、1日に必要なビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、D、Eのうち84%を補うだけのビタミンに加えDHAも含まれており、 学習用サプリの中でも超優秀です!

公式サイトをチェック

ひとてまい グリーンピース1024g分のビタミンB1、ほうれん草130株分のビタミンE、めざし約78匹分のビタミンB6など、ビタミンが豊富に取れるサプリメントです。

公式サイトをチェック



まとめ


頭の良さというとついつい才能だと考えてしまいがちですが、頭の回転が早いかどうかは生まれつき決まるのではなく、幼少期にどんな教育を受けるかで大きく変わることがわかっています。親が努力すればしたぶんだけ賢い子に育ってくれますので、教育面・栄養面ともにしっかりとサポートしていきましょう!



-----------------------------
更新日:2018/09/07






アスミールを体験検証!

人気のアスミールを徹底検証!検証レポート!

レポートはコチラ
ひとてまいを体験検証!

人気のひとてまいを徹底検証!実食レポートは?

レポートはコチラ