トップページ >  子供と栄養・食事の知識 >  食事をおいしくないと感じる原因

子供が食事をおいしくないと感じる原因とおいしく食べられる方法まとめ


画像タイトル
子供にご飯を食べさせようと思ってもなかなか食べてくれないことありますよね。今回はご飯を食べてくれない原因と解決策についてまとめてみました。

子供が食事をおいしく感じない原因まとめ


食材の甘みを引き出して料理をしていない

子供が食事をおいしく感じない原因としては、その食材の甘さを引き立たせていない調理方法をしているからです。

たくさん入れて煮れば美味しくなると思うのは間違いで, 食材には相性というものがあります。味が濃いほうれん草やピーマン、ゴーヤなどを一緒にしても、お互いに味を主張しすぎて美味しくなくなってしまいます。

味が濃い食材は1つとし、それを邪魔しない薄い味の食材を組み合わせることが大切なのです。
ほうれん草ならば玉ねぎやキャベツ、ジャガイモを合わせれば、よりほうれん草の甘みと味を感じられる美味しい料理ができますね。

子供の味覚は大人と違い、甘いものが美味しいと感じる傾向があります。
ですから、そういった甘みのある食材を選んで調理をすれば、子供も食事が楽しくなりますね。

食材の旨みを活かせていない


食材にはそれぞれに旨みがあります。特に、魚介や肉などにはこの旨み成分がたっぷりと含まれています。
そこに市販の美味しくないバーベキューソースをベタベタかけて焼いてしまっては、せっかくの旨みを感じることができませんね。

子供だって、肉本来の旨みを感じられます。ですから、塩と胡椒のちょっとした味付けのステーキでもいいわけです。
その子供が好きな味を知り、それにあわせて作ってあげることが大切なのです。

調理の仕方が悪い


せっかく良い食材があっても、調理方法によっては、その食材の良さを活かすことができません
お肉は焼き過ぎると硬くなってしまい、おいしくなくなります。
それに、味付けも1番先に醤油を入れて焼いてしまうと、 その醤油が焦げておいしくなくなってしまうのです。

また、野菜炒めならキャベツが大きすぎて焼ききれていないとか、焼きすぎてシナッとしてしまっているでは子供の箸も進みませんね。
焼き加減にムラがある、焦げすぎ、油臭いなどの調理の仕方では、子供は料理を残してしまうものなのです。

おいしく食べれる雰囲気がない


おいしく食べれる雰囲気がなければ、子供はおいしいと感じることができませんね。
ライトが薄暗く、殺風景なキッチンでは、せっかくの料理もおいしく感じませんね。

テーブルの上は物で溢れ、シンクには使った鍋や道具が散乱し、生ゴミの臭いが漂ってくるキッチンではがっかりです。

キッチンの照明というものも大事ですね。殺風景な冷えた色のライトでは、料理が美味しく見えません。

美味しい料理に見える温かみのあるライトであることが大切ですね。

それに、1人ぼっちで食べるというのも味気ないものなのです。やっぱり親が一緒に食べてくれたりすれば、おいしいと感じますね。

せっかく家族が集まって食べても、テレビを観ながら食べていればテレビに集中してしまい、せっかくの料理の美味しさが分かりませんね。 家族と会話をしながら楽しく食べれるということが、料理の良いスパイスとなるんです。

冷めた料理ばかり


料理というものは、やはり温かいからこそ、その味が出るものですね。
冷奴やポテトサラダなどは逆に冷たい方が美味しいと感じられますが、シチューやご飯、肉料理や焼き魚は温かい方が美味しく感じますね。

子供も冷えて味が感じられないような料理ばかりでは、やはりおいしくないと感じてしまいます。

温かいうちに出してあげることが大切なのです。
どうしても温かいうちに出せない時には、「電子レンジで温めてね」と一言書き添えておくといいでしょう。

綺麗だなと思えるお皿に料理を盛りつけていない


画像タイトル
食事というものは、盛り付け方でもよりおいしく感じるところなのです。
なのに、干物は黒いお皿に盛り付けてあったり、おかずは水色の映えないお皿に盛り付けてあったら、美味しそうだなと感じませんね。

また、料理の盛り付け方が雑なのも、おいしそうに見えませんよね。
サラダもバラバラという感じで雑に盛り付けてあったり、揚げ物もパン粉が飛び散ったような感じで汚らしく盛り付けてあったりすれば、 より食欲もわきませんね。

その料理の色を見て、より子供が楽しく食べれるように、ポップなお皿を取り入れのがポイントですね。


子供が食事をおいしく食べられる方法まとめ


なるべくのどを通りやすい調理法に


のどに引っかかると、子供は嫌だと思ってそれ以上食べてくれないことが多いですし、そうでなくてもストレスを感じてしまいます。

すっとのどを通ってくれるような食事にすることによって、美味しさを実感してくれることもあるので、そのような調理法に変えてしまうのがいいでしょう。

なるべく柔らかくしてみる方法が有効で、柔らかいものをしっかり食べるような習慣をつけると、 より美味しく食べられるようになります。

逆に食べづらいと感じてしまうような固いものは避けるようにしていないと、 子供が多く食べられなくなってしまい、せっかく美味しく作ったのに残してしまいます。


後味が悪い食材を使わない

後味の悪い野菜などを利用すると、後味に引きずられて美味しさを感じづらくなってしまいます。

なるべく後味がいい食事を作ることによって、子供も食べやすくなります。後味が変だなと思ってしまうと、 それだけで食べるスピードが落ちてしまい、これは嫌だと感じて食べなくなってしまうのです。

味付けなどを変えることによって、後味を変えることは不可能ではありません。
しかし野菜自体に味がしっかり出ているものの場合、 うまくいかないことも多いです。

最初のうちは後味の悪いものをあまり利用せず、子供には食べづらいような野菜などを使わないことで、 食べやすい食事となります。

彩を豊かにする

彩りを豊かにすることによって、子供は美味しいのかもと思ってくれることが多く、明るい色の食事にするとどんどん食べてくれることがあります。

こうした彩を加えることを続けていれば、子供も美味しく食事を食べてくれるような習慣をつけてくれるかもしれません。

色が明るい野菜をうまく利用するなどカラフルな料理を作る努力を続けていると、徐々にたくさん食べてくれるようになります。

色が明るい食材というのは、それだけでもおいしそうに見えることが多く、そうした食材を使うと子供の抵抗感も小さくなります。さらに食事の味が美味しければ、進んで食べてくれるようになります。彩りはとても大事なポイントなので、最初のうちは色が明るい食事を作るように心がけましょう。


子供が食べられそうな量だけにする

いくら美味しいものでもたくさん盛られていると、子供は食べられないと思ってしまうので、料理の盛りすぎには注意しましょう。

あまりにも量が多すぎると、それだけで抵抗感を感じてしまうことがあるので、適度な量を心がけると良いでしょう。

もし足りなくなったら、おかわりを用意するか自分のを少し与えてあげるようにすると、 足りないといって文句を言いだすこともありません。

そのため余裕を持って食事を作っておくようにして、 子供食べられるような量だけをおわんに入れて置くようにしておけば、より食べられるような状態を作れます。 子供があまり食べないような量にしないように気をつけることです。

家族で話をしながら食べられる習慣を


画像タイトル
家族で話をしていることが、実はかなり有効な方法となっています。話をしていることによって、 自然と食事が入るようになっていることがあるので、子供にとってもいい気持ちを生み出します。

食べにくいものでも、話をしているうちに自然に食べているようなことがあり、そのうちもっとほしいと言ってくれることがあります。

家族の話をしていることは、より明るい雰囲気を作り出すことができるのです。
明るい雰囲気にいるようだと、子供でももっと食べられるような感じになってきて、どんどん行こうという雰囲気が出ます。
普通の食事であっても、子供としっかり話をするように心がけましょう。

効果的な子供用サプリメントの選び方

いくら気をつけてもなかなか食事を食べてくれない!ということもあるかもしれません。

そんな場合は、不足しがちな栄養素だけをサプリメントで補給してみるのはいかがでしょうか。
近年サプリメントの人気は上昇しており、子供がサプリを使うのもそこまで珍しいことではなくなってきています。

子供用栄養補助食品やサプリを選ぶ上で注意したいポイントは、もちろん栄養素も大切ですが、 なんといっても食事への取り入れやすさが最重要です。

取り入れやすいと、料理に混ぜやすいので、レシピにアレンジがしやすいからです。 もうひとつのメリットには、子供がおいしくないと思った料理や食材でも、 子供用の栄養補助食品を、食材や料理に加えることで、「さらに味がおいしくなる」ものが多いです。

習慣的に使うものなのでできるだけ抵抗感の少ないものを選ぶとよいですよ。 おすすめをいくつか紹介するので、良かったら参考にしてくださいね。

食事への「取り入れやすさ」で選んだおすすめ子供サプリはこれ!

白米を炊く前にプラスするだけで、簡単に栄養を補えるサプリメントです。 普通に炊飯するよりもふっくらツヤツヤのごはんになり、お米の味も引き立てられます。

白米は毎日食べるでしょうし嫌いな子もすくないので、取り入れやすさはダントツですし、 食事で不足しがちな各種ビタミンとカルシウムを補えるのも嬉しいですね!

公式ページをみる
ひとてまいの成分の効果・副作用をみる

楽天の売り上げランキングで1位を取ったこともある有名な商品です。 ココア味の粉末をシェイカーにいれて、牛乳を加えて振るだけ!

味もおいしいと評判で、混ぜて飲むだけだから気軽に続けられます。 「牛乳嫌いの子」もおいしく飲めるようになります。

公式ページをみる
アスミールの成分の効果・副作用をみる

7つの天然素材を、香りと味にこだわってブレンドしている麦茶です。子どもはもちろん、大人でも飲みやすいように作られています。 水筒の中身をこの麦茶に変えれば、水分補給しながら栄養もとれちゃいます。

公式ページをみる
スポーツ麦茶の成分の効果・副作用をみる

まとめ

子供用の栄養補助食品やサプリメントはあくまでも補助的な使い方に抑えるといわれています。

子供にとって一番幸せなのは、毎日おいしいご飯が食べられることです。

最近では、子供用の栄養補助食品を、食材や料理に加えることで、「さらに味がおいしくなる」ものが多いです。

栄養補助食品おいしくなれば、子供の食も進むし、栄養も豊富にとれます。
積極的に、簡単な工夫を取り入れながら、日々の食事を子供といっしょに楽しんでいきましょう!






-------------------------------------------------------
更新日:2018/09/28





アスミールを体験検証!

人気のアスミールを徹底検証!検証レポート!

レポートはコチラ
ひとてまいを体験検証!

人気のひとてまいを徹底検証!実食レポートは?

レポートはコチラ